So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

極めろ弓道・日満交歓武道大会 [弓道]

昭和17年(1942年)、既存の武徳会は改組され会長に東條英機内閣総理大臣、副会長に厚生・文部・陸軍・海軍・内務の各大臣と学識経験者無料出会い1名をそれぞれ招き、理事長に民間在宅人、各支部長には各地の知事をあて、本部は京都の武徳殿から東京の厚生省内に移転、こうして政府5省が共管する政府の外郭団体として新たな大日本武徳会が発足する。武徳会弓道部会長は宇野要三郎範士が就任、武徳会常務理事も兼務した。政府の外郭団体として再出発したことにより、武道は飛躍的に発展普及する。保存武道・無形文化財的扱いであった弓道も、満州国建国10周年を記念した「日満交歓武道大会」に選手団を新京へ派遣(昭和17年(1942年)7月)するなど積極的に活動を行う。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。