So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

極めろ弓道・競技人口 [弓道]

全国各地区の弓道連盟(地連)の登録人数は約12万6千人である。男女比はほぼ1対1で、高校生が約6万1千人(49%)、一般が約4万4千人(35%)、中学生が約1万1千人(9%)、大学生が約1万人(7%)である。ただこの調査結果は、審査を受審・試合に参加するのでなければ連盟への登録は必須ではない点を考慮する必要があるだろう。地連登録者をもとに都道府県別競技人口を見ると、上位5位は愛知県、神奈川県、北海道(6地区連盟の合計)、埼玉県、東京都(3地区逆援助連盟の合計)、下位5県は下位から沖縄県、和歌山県、秋田県、島根県、鳥取県である。 中学生は地域により大きなばらつきがあり、栃木、愛知、鹿児島各地連の登録者が2千人近くに対し、登録者なしから数十人の地連も多い高校生では、近年の少子化傾向のなかにあっても競技者数は人妻6万人前後を維持しており、剣道競技者を上回って武道では最も競技者が多い 。ただ実施校数は約2,000校と多くはない。普及の地域差は大きく、愛知県では半数の高校に弓道部があるが、東京都、大阪府では10%前後である。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。