So-net無料ブログ作成

極めろ弓道・弓道要則 [弓道]

昭和9年(1934年)11月、これを持って「弓道要則」とし統一射法として正式に制定、武徳会は全国に普及、徹底させようとするも、この「中間的妥協案」には弓道人妻界から賛否続出、雑誌・新聞紙上で大論争が出会い展開され、ついには「鵺(ぬえ)的射法」と揶揄されるまでに至る。昭和12年(1937年)日中戦争勃発、翌年の昭和13年(1938年)「国家総動員法」公布。武道は政府・武道団体幹部によって「国力増強・国威発揚」を狙って次第に政府管理下に組み込まれ始め、そして利用されてゆく。昭和16年(1941年)太平洋戦争勃発、同年政府機関による議論の末、厚生・文部・陸軍・海軍・内務の5省共管による政府の外郭団体とした新たな武道統括団体の新設、既存の武徳会はこれに包含される形でこの武道団体に改組・帰一される事となる。



極めろ弓道・小笠原流 [弓道]

初日は小笠原流を基本にした巻藁射礼、的前婚活射礼、立射礼の3つの射礼が決定される。2日目は童貞射法について審議されるが、「打起し(後述#射法八節)」の審議に入るとそれぞれ自己の流派射法から「正面打起し」と「斜面打起し」を主張し合い、互いに譲らず喧々囂々白熱した議論へと発展、その日は議論の決着を見ずに終了した。最終日、議論はほとんど決裂の様相を呈していたが、九州の祝部範士から出された妥協案「正面打起し・斜面打起しの中間的方法」を採用する事で一同は賛成を表明、これで一応の決定を得た。

極めろ弓道・昭和 [弓道]

大正から昭和初期にかけて、本多利実とその弟子達によって行われていた正面打起しの逆援射法が大流行した。後に利実の弟子達はこの射法をもって本多流を称した。武徳会は事業の1つとして各武道の童貞型統一を目指し、剣道では「大日本帝国剣道形」、柔道は「大日本武徳会柔術形」などが制定され、弓道もまた射型統一を行う事になる。昭和8年(1933年)5月に開催された全国範士・教士会からの要請を受け、同年9月、当時の武徳会会長 鈴木莊六によって全国から招集された著名弓道家 により「弓道形調査委員会」を構成。武徳会弓道部長 跡部 定次郎が委員長となり、同年11月10日より京都・武徳殿で「統一射法」に向けて3日間にわたる議論が交わされることとなる。

極めろ弓道・明治中期 [弓道]

明治中期に入ると初等教育の開始や徴兵制の徹底、日清・日露戦争での勝利等を背景に、愛国心の高まりと共に社会情勢は国家主義的逆援助思想が台頭した。国策により武道が利用されはじめ、国民は弓道を含めた各種武道・武士道の再認識・尊重をするようになった。このような社会童貞風潮を受け明治28年(1895年)、京都在住の有識者により各種武道・武術を統括する団体として大日本武徳会が設立され、京都の平安神宮境内に建設された武徳殿を本部とした。弓術をはじめとする各武術は、技術を目的とした武術を改め大和心涵養を目的とした武道とし、大正8年(1920年)武術専門学校を武道専門学校と改称、時を同じく弓術も弓道と改称された。反面、遊興的に『中りさえすれば良い』とした衰退期の反動から『射型さえ良ければ中らなくても良い』とする風潮や、過度な精神偏重が広まるという側面もあった。


極めろ弓道・明治維新後 [弓道]

明治維新以前は、弓を引くことは一部の例外を除いて武士童貞階級のみが許されていたが、維新後は一般庶民でも弓が引けるようになり、急速に遊戯化・娯楽化が進んだ。他方で既に遊興の道具としての弓矢は人妻民衆の間で存在しており、盛り場での賭弓場が維新後の都市部で大流行した。賭弓場の多くは風俗営業であり、明治政府より規制を加えられるほど盛況になる等、明治初期には一般的に弓と言えば賭弓場を連想するほどに弓射文化は衰退していった。この様な世相に煽られ公的な弓道場が姿を消していく中、私設弓道場を開くなど弓術古来からの伝統を正しく引き継ごうとする真摯な弓術家の活動により、日本弓道の命脈・伝統文化は保たれていった。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。