So-net無料ブログ作成

極めろ弓道・戦争末期 [弓道]

戦争末期には日本各地で連合国軍の空襲や艦砲逆援射撃が苛烈を極め多くの弓道童貞場が焼失、また、焼け残った弓道場も弓道以外の目的(倉庫・宿舎等)で使用されるなどして、弓道や武道を行う環境は極度に悪化した。その上、生活の困窮から弓に割く時間的・心理的余裕も無くなり、国民から弓道は遠ざかっていった。終戦後、戦前〜戦中の国策とも言うべき武道励行に対する反動から、国民の武道に対する感情は非常に厳しいものとなる。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。