So-net無料ブログ作成

極めろ弓道・流派 [弓道]

現在でも小笠原流、日置流、本多流、大和流など様々な流派が存在し活動しているものの、大多数の弓道家は流派には所属せず、全日本弓道連盟の定めた射法に従っている。流派の人々も全日本弓道連盟に所属し審査を受けている場合もあり、乱交連盟と多くの流派組織は対立しているわけではない。流派の系統は今日的な用語で「礼射系」・「武射系」と分類されている。礼射系は儀礼・儀式的な要素が加味されつつ発展した同人誌射の系統を言うが、事実上小笠原流系統をさす。武射系は戦場での実利を重視して発展してきた射の系統を言い、事実上日置流系統をさす。本多流は、三十三間堂の通し矢を得意とした日置流の堂射系統が母体で、本来は礼射系で行っていた正面打起しを取り入た、武射系の流派である。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。